タッチダウン!マクドナルド・ハワイ社が$15,500をハワイ大学体育部に寄付

エキサイティングな2014年度のフットボールシーズン後、マクドナルド・ハワイ社は、$15,500の小切手をハワイ大学ヘッドコーチのノーム・チョウ氏とナ・コア理事のキンバリー・フジウチ氏へ贈呈しました。

マクドナルド・ハワイ社はハワイ大学フットボールチーム、レインボウ・ウォーリアーズの1タッチダウンにつき、$500を寄付するとし、チームは31のタッチダウンを記録して、総額$15,500がレインボウ・ウォーリアーズを支援する、ハワイ大学財団‐ナ・コア ブースタークラブへと寄付されることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん ステキな笑顔

 

 

レインボウ・ウォーリアーズは対ワイオミング・カウボーイズ、対UNLVレーベルズの試合で最も多くのタッチダウンを獲得しました。

「私たちは、ハワイ大学体育部と共にレインボウ・ウォーリアーズを支援することを誇りに思います。」と、マクドナルド・ハワイ社オーナー、ヴィクター・リム氏。

同社は「ビッグ・マック マンディ」プロモーションも展開しており、2014年度フットボールシーズンの月曜日にビッグ・マック エクストラバリューミールを購入したお客様は2個目のビッグ・マックが無料でもらえ、ハワイ大学のフットボールファンを沸かせました。

「この秋のフットボールシーズンも再び「ビッグマック マンディ」を展開すると発表します。「ビッグ・マック マンディ」が引き続きお客様やフットボールファンの皆様に元気を与え、前年度同様、フットボールチームの成功を応援したいと願います。」と、リム氏は付け加えました。

 

マクドナルドはこんな心温まるニュースもありましたね。

フットボールファンもそうでない人も、「ビッグ・マック マンディ」はビッグ・マック サンドイッチを2個ゲット!

ビッグ・マックもってビーチへ行くのも良し。ファンはビールとビッグマックもって、テレビの真ん前へ。

Post Author: Kyoko