5月2日(土)、第13回「ワイキキ・スパムジャム」開催 ワイキキのカラカウア通りで !!

ワイキキ・スパムジャムは、5月2日(土)、夕方4時〜夜10時まで歩行者天国となるカラカウア通りに地元レストランがブースを出店し、それぞれに嗜好をこらしたスパム料理を味わえるハワイならではの「スパムの祭典」。毎年多くの旅行者やローカルが参加する恒例のフードイベントです。

今年はポーチュギーソーセージSPAM®、SPAM®ラーメン、同イベントでデビューする新製品のSPAM®スナックなど、3種類のスパム製品を試食できるステーションが加わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパム帽

 

 

スパムジャム13周年記念Tシャツ各$20や、ショーツ、帽子、ペン、ビーチサンダルなどのスパムグッズやハワイアンクラフトを購入できるショップ、ロイヤル・ハワイアン・センターとアウトリガーワイキキホテル前に設置される2つのステージでハワイの有名アーティストによるライブも楽しめます。入場料は無料です。

また会場では、ボランティアがハワイ・フードバンクへの募金活動を行っており、スパムなどの保存食や現金の寄付を受け付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパムの種類も豊富

 

第13回 ワイキキ・スパムジャム

日時:5月2日(土)16:00~22:00

会場:カラカウア通り(ロイヤルハワイアン通りからカイウラニ通りまでの間)

入場:無料

ウェブサイト:http://www.spamjamhawaii.com

ハワイのローカルフードに欠かせないランチョンミートの缶詰「スパム」。ハワイ州の一人当たりのスパム消費高は全米一高く、毎年約700万缶ものスパムが食べられています。

Post Author: Kyoko