マウイ・オーシャン・センターにツマグロの赤ちゃん5匹がデビュー

ハワイ最大の水族館「マウイ・オーシャン・センター」 に、最近乱獲により個体数が現象し準絶滅危惧に指定されているツマグロの赤ちゃん5匹が仲間入りしました。 ツマグロはメジロザメ属のサメの一種。太平洋の珊瑚礁に最も多く生息するサメのひとつで、ヒレの先端に黒い模様があるのが特徴。

ハワイの文化や価値観を礎とするマウイ・オーシャン・センターでは、新たに加わったツマグロの赤ちゃんたちを歓迎するためのブレッシングが行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おおお かっこいい~!

 

ハワイアン・カルチャー・アドバイザーのディーン・マックスウェル牧師は、「この水族館に来たマノ(サメ)たちが次世代の人々に、先祖代々受け継がれてきた海と自然を守るハワイの伝統について考えるきっかけを与えてくれることを祈ります」と語りました。

理想的な健康状態と環境で飼育できるよう検疫を受ける全長約2フィートのツマグロの子供たちを見守った同館のヘッドキュレーターのジョン・ゴーマン氏 は、「ツマグロの赤ちゃんたちは検疫で長時間を過ごしましたが、すべての審査を難なく通過しました。ディープリーフの展示水槽にも慣れ、餌やりにも敏感に反応しています。それは彼らが新しい環境に順応できたことを意味しています」と述べました。

ツマグロは夏の間、幼魚の飼育のために沿岸部に集まります。

メスは、すぐに自由に泳ぎ回る幼魚を一度に1~10匹出産し、産後は捕食者からの保護のため安全な浅瀬に幼魚を残し、深い岩礁に戻っていきます。

ツマグロの幼魚は生まれた時から完全に独立していて親からのケアは受けず、海底に住む甲殻類やイカ、タコ、硬骨魚などを食べ、全長1.6mほどまで成長します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わお ちょっと怖いけど カッコいい

 

ツマグロの赤ちゃんたちは、ハワイのサメとその海洋生態系における役割、保護活動への理解を深めてもらうためのリーフシャークの大使として館内の「ディープリーフ」の展示で1年間飼育された後、「多くのハワイの神々の加護と導きによって、安全に自然の生息地に戻れますように」というディーン・マックスウェル牧師による祈祷とともに生まれ育った海へと放されます。

 

 

 

 

 

 

 

メインエントランス

 

 

マウイ・オーシャン・センター

住所:192 Ma‘alaea Road; Ma‘alaea, HI 96793

営業時間:年中無休 午前9時~午後5時まで 7月と8月は午後6時まで

電話:(808)270-7000

ウェブサイト:www.mauioceancenter.com

一般入場料:大人$25.95、シニア(65歳以上)$22.95、子供(3-12歳)$18.95、2歳以下無料

Post Author: Kyoko