ハワイの自然をモチーフにしたレスポートサックの新シリーズKu’u Le’aのデザインを手がけた、コリーン・ウィルコックスさんへインタビュー

レスポートサック新シリーズ、ハワイ限定プリントKu’u Le’aコレクションの発売を記念して、10月23日(金)ロイヤル・ハワイアン・センター店にてデザインを手がけた、コリーン・ウィルコックスさんを招いたイベントが開催されました。

すらりとした長身で、健康的な日焼けが美しいコリーンさんにコレクションについていろいろお話を伺ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらがコリーン・ウィルコックスさん

 

 

Q. 出身はどちらですか?

A. カリフォルニア生まれです。母がオアフ島出身で小さい頃はオアフにも住んでいたことがあります。それから、ペンシルベニアに引っ越して、7年前にオアフに戻ってきました。

現在は両親も叔父や叔母もオアフに住んでいます。

Q. 今回のレスポートサックとのコラボレーションで、楽しかった点や、苦労した点など、印象に残ったことはありますか?

A. いつもは四角いキャンバスに構図を決めて描いていく作業なので、パターンが繰り返される一面のファブリックへのデザインは初めてのことでした。戸惑うこともあったけれど、周りに導いてくれる人たちがいて、「端っこは余白を残してデザインしていくんだよ」など、アドバイスをくれました。とても興味深い経験が出来たと思います。

Q. デザインのアイディアはどこから来ているのですか?

A. ハワイの自然からインスピレーションをもらっています。目の前に広がる波、変化し続ける海の色、空の色、トロピカルフラワーが咲いていたり、綺麗な貝殻が転がっていたり、木々が力強く立っていたり、サンゴのユニークな形だったり、ハワイの自然は美しくて、至る所にインスピレーションがあります。

スケッチブックを持っていくことはあまりありません。サーフィンや、シュノーケリング、ウォーキングなどしているときの毎日の経験を絵にしています。

 

 

一生懸命お話ししてくれました

 

 

Q. Ku’u Le’aデザインのターゲット層はありますか?

A. レスポートサックは子供からお年寄りまで幅広い年齢の方がお使いになっているので、Ku’u Le’aも幅広い年齢の方に使っていただきたいです。トロピカルでポップな色調もどなたにも受け入れていただけると思います。

Q. Ku’u Le’aデザインの中で特に見てほしいポイントはありますか?

A. 波が花に流れ込んでいたり、デザインひとつひとつが繋がっているので、全体を観てほしいです。それでいて、「この貝、知ってる~」など、ひとつひとつを楽しんでもらえたらと思います。

Q. 日本のお客様に何かメッセージはありますか?

A. ハワイでの経験や思い出を持ち帰って欲しいという想いを込めました。

トロピカルフラワーや海の生き物、それから、ウェーブなどの自然の風景がおり込まれたKu’u Le’aのデザインがハワイで過ごした時間を思い出すきっかけになったら嬉しいです。

 

 

ハワイ限定のタグがかかっています

 

 

ハワイの自然を愛する彼女がおりなすデザインのコレクションは、アクセサリー、ミニバッグ、ハンドバッグ、トラベルバッグ、ベビーバッグなど、全27種類。価格は20ドル前後から200ドル前後までとお求めやすい価格帯になっています。

 

 

 

初日にも関わらずたくさんのお客様がKu’u Le’aの商品を手に取っていました。ハワイらしい柄とアーティスティックでポップな感性が絶妙にブレンドしたデザインは、はっと目を引くこと間違いありません。レスポートサックの前を通りかかったら、自然に足が止まってしまうかもしれませんね。

Post Author: Kyoko