クリスティ・ヤマグチが主宰する 『ゴールデン・モーメント 2017 アイススケートコンサート』にレア・サロンガ出演決定

フィギュアスケーターのクリスティ・ヤマグチが主宰する、ハワイの子供たちの識字能力向上のための氷上のチャリティイベント『ゴールデン・モーメント・ハワイ』に、世界的に有名な女優・歌手のレア・サロンガが出演することが決まりました。イベント開催日時は、日(土)の午後7時と10日(日の午後4時。5月4日より、チケットマスターおよびニール・ブレイズデル・センターのボックスオフィスにてチケットの販売を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスティ ヤマグチ氏

 

 

 

サロンガはトニー賞に輝く実力派。ヤマグチの慈善財団オールウェイズ・ドリーム・ファウンデーション(Always Dream Foundation)が企画する最新アイススケートコンサート『ゴールデン・モーメント』に人気のスタースケーターたちとともに参加し、タイトル1(低所得層の子供の学力を改善するための公的財政支援を受ける学校)に指定されたハワイの学校への支援に協力します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ青なドレスがお似合いですね!

 

 

ショーは2回限り。アイスリンクに変身したニール・ブレイズデル・アリーナで、北米および日本からのフィギュアスケートチャンピオンたちが、サロンガやローカルアーティストたちのライブサウンドに合わせて華麗な氷上のショーを繰り広げます。追加出演者は6月発表予定です。

 

すでに出演が決定しているキャストは以下の通りです。

 

金メダリスト:                      クリスティ・ヤマグチ(アルベールビル)、ブライアン・ボイタノ(カルガリー)、

メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト(ソチ)、

エカテリーナ・ゴルデーワ(カルガリー)、荒川静香(トリノ)

銅メダリスト:                      高橋大輔(バンクーバー)、ジェレミー・アボット(ソチ)

 

世界選手権チャンピオン:  佐藤有香(千葉)

 

全米選手権チャンピオン:  ケイディー・デニー&ジョン・コフリン(米国)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスティ & エマ ヤマグチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じスタイルで キレイに滑っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性スケーターも もちろん参加!

 

 

パワフルな歌声と絶対音感で世界に名高いレア・サロンガは、ミュージカル『ミス・サイゴン』のキム役でトニー賞を受賞したことで特に知られていますが、ほかにもオリヴィエ賞、ドラマ・デスク・アワード、アウター・クリティクス・サークル賞、シアター・ワールド・アワードなど数々の賞のミュージカルシアター部門で賞を獲得しています。彼女はまた、ブロードウェイ・ミュージカル『レ・ミゼラブル』でエポニーヌ役を演じた初のアジア人でもあります。2006年には、同ミュージカルのリバイバル公演にファンティーヌ役で登場しました。現在、人気音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』フィリピン版の審査員としても活躍しています。

 

ヤマグチは、「ゴールデン・モーメント2017にレアが出演していただけることになり感激しています。彼女にとっても、私にとってもハワイは第2の故郷のようなもの。そのハワイで初共演できることを本当に喜んでいます。またとない素晴らしいショーを皆様にお届けし、そして同時にアロハ・ステートの恵まれない子供たちの識字能力向上を支援できることを心から楽しみにしています」とコメントしています。

 

2015年11月に開催された初回のイベントでは、20万ドルを超える収益が得られました。オールウェイズ・ドリーム・ファウンデーションが実施する識字能力向上プログラム『オールウェイズ・リーディング』は、現在、オアフ島の7つの小学校(カリヒ・カイ、リナプニ、ファーン、プウハレ、ワイアホレ、ポープ、カリヒ)に在籍する400人以上のキンダーガーテンの生徒たちを支援しています。ゴールデン・モーメントの純収益は、ハワイ州内のタイトル1指定校に寄付されます。

 

詳しくは www.alwaysdream.org をご覧ください。

 

 

ハワイにおけるオールウェイズ・ドリーム・ファウンデーション

児童文学作家であり、また2人の子供の母親でもあるクリスティ・ヤマグチが1996年に設立したオールウェイズ・ドリーム・ファウンデーション(Always Dream Foundation)は、子供たちの識字能力向上を目的とする慈善財団です。その活動の主軸として、2012年、電子書籍とテクノロジーを通して子供たちの識字能力・読解力を高める読書プログラム『オールウェイズ・リーディング(Always Reading)』をカリフォルニアにてローンチ。2014年には、同プログラムの実施地域をハワイまで拡大し、タイトル1(低所得層の子供の学力を改善するための公的財政支援を受ける学校)に指定されているカリヒ・カイとリナプニの2つの公立小学校への援助を始めました。今年のゴールデン・モーメントの純収益は、ハワイ州内のさらに多くのタイトル1指定校に寄付されます。

 

 

オールウェイズ・ドリーム・ファウンデーションについて

オールウェイズ・ドリーム・ファウンデーション(Always Dream Foundation)は、1996年、オリンピック金メダリストのクリスティ・ヤマグチにより、革新的な読書プログラムを通してサービスの行き届いていない恵まれない地域の子供たちの識字能力を高め、また彼らの夢を広げることを目的にサンフランシスコ・ベイエリアで設立されました。オールウェイズ・ドリーム・ファウンデーションの『オールウェイズ・リーディング(Always Reading)』プログラムは、テクノロジーと電子書籍を活用して子供たちの識字能力・読解力を伸ばし、学業における成功、そして人生における可能性を広げることを目指します。また、幼児期の識字能力の大切さをテーマにした家族向けの地域イベントを開催し、子供たちに“大きな夢を抱く”ことを奨励しています。クリスティとオールウェイズ・ドリーム・ファウンデーションは、5月初めにホノルルで開催されたハワイ・ブック・アンド・ミュージック・フェスティバルにもパートナーとして協力しました。

 

さらなる情報は www.alwaysdream.org にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔がステキ

Post Author: Kyoko